老眼と目のしくみ

近視や乱視、遠視は角膜の屈折の異常によって起こるのに対し、老眼は水晶体の硬化と調節力の衰えによるものです。

水晶体の色もだんだん黄色味をおびてきます。白内障などで水晶体をとり人工レンズに入れ替えた方が今まで覚えていた色とあまりに違うのにびっくりされるそうです。老眼が始まる45歳ぐらいからでてくる眼の病気で、白内障と緑内障があります。老眼は病気ではありませんが、失明にも至ってしまう恐れがあるこれらの病気も同じころから始まるので、検眼とあわせて眼の健康診断し早期の眼のケアが必要です。

老眼は老化現象なので、必ず進行しますが、疲労や眼の酷使が一時的に老眼を進ませることがあります。病後にいままで見えていたものが見えにくくなった経験がある方も多いと思います。これはピントあわせにはたらく筋肉のはたらきが弱くなって調節力が落ちることにより起こります。

物を見るためには眼の筋肉が働いて調節するのですが、全く調節力がいらない距離は5m以上の物を見るとき(検眼するときの視力表と検眼者の距離)で、眼がリラックスした状態になります。テレビを長時間みる時はできるだけ離れてみるのが疲れない見方になります。(小さな画面では見えないので大型画面が理想)

老化による水晶体の黄色への変色がありますが、これは紫外線との関係が深いといわれています。また可視光線の量をカットし眼の負担を少なくするためにもサングラスの使用は有効です。

老眼は人がさけられないことですので以上のことに注意して眼にできるだけ負担をかけずに目の病気にならないことが大事なことです。

店舗の紹介利用規約お問い合わせ