老眼鏡のフレーム

フレームの材質 特徴
メタルフレーム 金属製の枠
プラスチックフレーム 以前はセルとよばれていてセルロイドでしたが、現在はアセテート製が一般的。特に軽くて曲げても元にもどるTR90の素材が人気です。
チタンフレーム チタン素材のフレーム。サビないで軽い。
18金  
べっ甲  

フレームの種類

縁なし(リムレス) 昭和天皇が愛用されていたので有名。レンズを覆うものがないのでメガネが目立たないフレームです。
ナイロール(ハーフリム) フロントフレームの上が金属でできていて、下はレンズをテグスで留めてあるメガネ。縁なしの次にメガネが目立たない。
(フルリム)(プラスチック)他 般的なメタルフレーム・プラスチックフレームとメタル・プラスチックが組み合わされたフレーム

フレームの形

ロイド(円形)・オーバル(楕円)・ボストン(逆三角形)・ウェリントン(逆台形)・フォックス(キツネの目のようにつりあがった形)が以前は基本でしたが現在は細い形や斬新な形が多くでてきて、おしゃれのファッションの一部になっています。

フレームのサイズ

サイズの表記はテンプルの内側に記載されています。

例) 「52□18 135」の意味はレンズの中心の横幅が52mm、鼻幅が18mm、つる(テンプル)の長さが135mm、という表示。52+52+18=122mmが枠のだいたいの幅ということになります。

老眼鏡を累進多焦点レンズで作る場合は、レンズの特に縦の幅が十分にないとレンズの機能が使えないのでフレームを選ぶときは注意が必要です。

携帯プレゼント1

お問い合わせ