老眼鏡の価格

老眼鏡の価格が安くなってきた理由を説明します。

以前はレンズ加工(当時は殆んどガラスレンズ)は手づくりで、厚紙でレンズの型をつくり、レンズに型をのせガラス切りカギ棒で形を整え、砥石で枠にきちんと入るように削るという技術が必要でした。

ガラスレンズは割れ易く作成中失敗も多く発生しました。

そういう事でレンズは原価に対して販売価格が高かったのではないかと思われます。

現在は自動型取り機、全自動玉摺り機によって誰でもほとんど失敗もなくレンズ加工できるようになりました。以前より安く販売ができるようになった理由の一つだと思います。

10年程前から韓国旅行が増えた時、韓国でメガネがすごく安いのが評判になりました。その後その価格に近い価格で売るチェーン店ができだして一気にメガネ価格が下がっていきました。

通販で購入しやすい老眼鏡はさらに多くのデザインで、高品質で安い物が販売されていきます。

携帯プレゼント1

お問い合わせ