おしゃれな老眼鏡・シニアグラス|

アイウェアともよばれるように今はいろいろなデザインのメガネが販売されていて、それは老眼鏡も同様です。

でも、老眼鏡は最初に使うときはだれもが抵抗感があります。遠近両用メガネの場合、近視のメガネと同じで掛けたまま遠くも近くも見れるので老眼鏡とは分かりません。

  1. 老人みたいにみられたくない
  2. 一度使い始めたらメガネがないと見えないようになるんじゃないか
  3. 目が悪くなるんじゃないか

おしゃれに安心して使える老眼鏡について説明します。

①リーディンググラスといわれるように、本などを読むための専用メガネという考えになっています。

さらに、メガネチェーン(グラスコード)をつけておしゃれな活動的キャリアウーマンに演出したりもできます。

また、最近でてきたメガネホルダーネックレスは、いつもはおしゃれなネックレスとして使い、ペンダントの丸い部分にメガネをさげて、メガネをエレガントにを楽しめます。

このように、老眼鏡、近視、パソコンメガネのへだてなくメガネをおしゃれに楽しむようになってきました。

メガネのフレーム(枠)もいろんなデザインがふえ、メガネ自体をおしゃれアイテムの一つとして見直されきました。老眼鏡もファッションの一部として楽しむ時代になりました。

遠近両用メガネは遠くも近くもメガネを掛け外しせずに見れるので老眼鏡とは分かりません。掛け外しのイライラもなく気持ちも若くなれます。最近は研究も進みだいぶ慣れやすくなっています。慣れやすい設計のNikonなど一流ブランドのレンズをお薦めします。

②確かに老眼鏡を初めて使用された方のほとんどは次に見る時は老眼鏡がないと見えなくなったといわれます。人間は楽な事を覚えたら、なかなか又きついことはしなくなるのと同じ

で眼の筋肉も同様なことがいえます。だからどうしても老眼鏡をかけたくないという方は、一番低い度数(+1.0)の老眼鏡を必要な時だけ短時間使用されるのが良いと思います。

老眼鏡を使用せず無理に本など見ていると眼精疲労(眼からくる疲れ)でかえって老眼が進むことがあります。

 

③ ②で説明しましたように、眼の疲れを起こさないのが一番ですから長時間続けての老眼鏡使用はやめ、眼を休憩させながらの読書が必要です。その間遠くを見たりして眼の筋肉

を運動させるのが眼が悪くならない(進まない)方法です。人は6歳ぐらいから近点(物を眼に最も近づけて見ることができる一番近いところ)が遠くなり始め70歳ぐらいで止まります。つまり

老眼の進行は70才ぐらいで止まります。老眼鏡とは、近点を近づける道具ということですから眼に合う老眼鏡を使えば老眼鏡で眼が悪くなるということはありません。

以上のことを理解しておしゃれ老眼鏡をお楽しみください。

老眼鏡
老眼鏡
老眼鏡
老眼鏡
老眼鏡
老眼鏡
機能性とデザイン性を重視したおしゃれな老眼鏡・シニアグラスから、携帯に便利なケース付き老眼鏡・シニアグラスまで幅広く取り揃えております。度数も選べるので、あなたにぴったりな一本を見つけて下さい。       
男性用老眼鏡女性用老眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ