携帯プレゼント1

通販の老眼鏡

現在の日本は4人に1人は60歳以上という高齢化社会なっていて、これからもますます高齢者がふえていきます。

反対に日本の総人口は減っていきますので必然的に働き手不足を補うためにも高齢者の社会での活躍が期待されています。

そこで必要性が高まるのが高齢者が働くときの必需品の老眼鏡です。

だけどメガネは高額で、専門店で検眼して買うのが面倒だと感じている人も少なくないと思われます。そういう方に通販の老眼鏡があります。

以前は通販の老眼鏡は種類も少なくデザインもあまり選ぶことはできませんでしたが現在のインターネット通販等にはいろんな種類、デザインのものが出てきています。又価格もお手ごろなものが多く出ています。

通販などで老眼鏡を買う場合一般的に心配される点を上げてみます。

  1. 安いので眼が悪くなるのではないか。
  2. 度数はどうやって決めたらいいのか。
  3. いつの時点で老眼鏡を買ったらいいか。
  4. 老眼鏡の買い方のポイントはなにか。

では、ひとつずつお答えします。

  1. 今では100円から既成老眼鏡が販売されていますが、海外からの輸入品(老眼鏡・レンズ)も薬事法の改正で輸入が規制されていて、日本で品質・商品管理できる会社のみにだけ輸入が許可されているので問題はないと思われます。
  2. 一番いいのは眼科で検眼して、処方箋をもらいその度数の老眼鏡を買うことです。通販の老眼鏡もその方法がいいのですが、面倒な方はチラシや画面に表示されている年齢と字の大きさによる度数目安表を参考にして決めることができます。また老眼鏡を使うのが初めての方の場合は低い+1.0Dの度数の老眼鏡から使うことをお勧めします(本当は強い度数の方でも最初から強い度数で見られると疲れ易い場合が多い)。現在持っている方は今のメガネの+0.5D上の度数がいいと思います。
  3. 最初に老眼鏡を買われる方はいつ買おうか必ず悩まれることですが、確かに「一度老眼鏡を使ったらその後は老眼鏡がないと見えない」という方が多いようです。(調節力の補助[老眼鏡]に慣れて、調節する眼の筋力が弱まる。)しかしいつかは必要にはなるので、まず老眼鏡を1つ持ち、どうしても必要なときだけ短時間使い眼が疲れないようにするのがいいと思います。
  4. ②と③を参考にし、老眼鏡は失くしやすいので、会社用、車用、家(リビング、寝室)用、携帯用とそれぞれに持っているのが理想です。メガネは重たいと見づらさの原因のもなるので、軽い老眼鏡は買う時の重要なポイントになると思います。
遠近両用
遠近両用
遠近両用
遠近両用
遠近両用
遠近両用
初めて遠近両用眼(境目なし累進レンズ)をお使いになる方にも安心の高品質メガネを、格安でご紹介します。あなたにぴったりな一本を見つけて下さい。       

Self Check!

お問い合わせ